JAMSTECなど、沖縄における「熱水噴出孔直下生命圏」に関する深海掘削研究の成果を公表

発表日:2016.10.11

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、東京大学、九州大学、高知大学、ドイツ連邦地球科学天然資源研究所と共同で、深海熱水噴出孔近傍の海底下に存在する生命圏「熱水噴出孔直下生命圏」の存在様式とその限界を明らかにしたと発表した。2010年9月、統合国際深海掘削計画(IODP)第331次研究航海において、中部沖縄トラフ熱水活動域の科学掘削(沖縄熱水海底下生命圏掘削」が行われた。今回、科学掘削の際に取得した柱状試料(コアサンプル)を用いて、詳細な地球化学的分析と微生物学的解析、微生物学・地球化学・鉱物学的手法を組み合わせた学際統合的な解釈が行われた。その結果、「熱水噴出孔直下生命圏」の存在が明らかとなり、海底下環境に生命圏と非生命圏の境界が存在することを世界で初めて捉え、その生息限界を決定づける物理・化学条件(高温条件下)を明らかにできたという。

情報源 海洋研究開発機構(JAMSTEC) プレスリリース
東京大学大学院理学系研究科 プレスリリース
九州大学 研究成果
機関 海洋研究開発機構(JAMSTEC) 東京大学 九州大学 高知大学
分野 地球環境
自然環境
キーワード 海洋研究開発機構 | 東京大学 | 九州大学 | IODP | 熱水噴出孔 | JAMSTEC | 沖縄トラフ | 海底 | 高知大学 | 生命圏
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS