トヨタ、2017年初めに燃料電池バスを販売

発表日:2016.10.21

トヨタ自動車(株)は、2017年初めより燃料電池バス(FCバス)を販売し、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた導入拡大を目指すと発表した。同社は、日野自動車(株)と共に、環境省事業を活用して、大型路線用FCバスの市場投入に向けた技術開発・実証に取り組んできた。今回、トヨタブランドで販売することとなったFCバスは、トヨタが燃料電池自動車(FCV)向けに開発した燃料電池技術とハイブリッド技術を融合したシステムを採用している。また、大容量外部電源供給システムを採用し、最高出力9kWかつ大容量235kWhの電力供給能力を備えているため、災害などによる停電時に、学校体育館等の避難所や家電の電源としての利用も可能であるという。2017年の販売台数は2台で、東京都交通局が2017年3月頃から、路線バスとして運行する予定。なお、導入車両は、地域交通グリーン化事業(国土交通省)の対象案件に決定している。

新着情報メール配信サービス
RSS