国総研、下水バイオガスによる水素製造技術のガイドラインを公表

発表日:2016.10.31

国土交通省国土技術政策総合研究所は、下水バイオガスから水素を製造する技術の導入ガイドライン(案)を策定したと発表した。同省では、下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)において、平成26年度から福岡市中部水処理センターにおいて、「下水バイオガス原料による水素創エネ技術実証研究」を実施してきた。今回のガイドラインは、実規模プラントで実証してきた技術の概要・評価、導入検討、設計・維持管理等に関する技術的事項についてとりまとめたもの。同技術は、「前処理技術」、「水素製造技術」、「水素供給技術」、「CO2液化回収技術」により、再生可能エネルギーである下水バイオガスから水素を製造し、燃料電池自動車(FCV)に供給する技術。実証の結果、経費回収年は10.2年(設備の耐用年数は15年)、温室効果ガス排出削減量は1,162kg-CO2/日(水素をFCVで使用することにより、ガソリン車が排出する温室効果ガス排出量と比べ約29%削減)と試算されたという。

情報源 国土交通省国土技術政策総合研究所 記者発表資料(PDF)
機関 国土交通省国土技術政策総合研究所
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
水・土壌環境
キーワード 国土交通省/下水道/実証/ガイドライン/燃料電池自動車/バイオガス/下水処理場/水素製造/国土技術政策総合研究所/B-DASH
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS