東北大など、離島に適したバイオディーゼル製造システムを開発

発表日:2016.10.31

東北大学は、化学プラントのプロセスエンジニアリングを手掛けている(株)エプシロンと共同で、地産地消に適したバイオディーゼル製造システムを開発した。このシステムは、NEDOプロジェクト「新エネルギーベンチャー技術革新事業/新エネルギーベンチャー技術革新事業(バイオマス)フェーズBおよびC」において開発された小規模な分散型燃料製造装置と集中型樹脂再生設備からなるもの。同大が開発したイオン交換樹脂触媒法により、バイオディーゼル製造における複数の課題を解決し、実用化のネックとなっていたイオン交換樹脂の繰り返し利用・再生を可能としたという。今後は、事業実施場所(鹿児島県西之表市、種子島北部)のような離島に適したバイオ燃料生産システムとして、経済性を検証し、事業化に向けた展開を図るという。

情報源 東北大学 受賞・成果等
(株)エプシロン ニュースリリース(PDF)
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
機関 東北大学 (株)エプシロン 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
分野 地球環境
キーワード バイオ燃料/離島/触媒/実証/バイオディーゼル/東北大学/樹脂/種子島/エプシロン
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS