NEDO、南アフリカにおいて国内で確立した海水淡水化技術の移転を推進

発表日:2016.11.18

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、南アフリカ共和国のダーバン市と共同で、省エネルギー型の海水淡水化技術の実証事業を開始することに合意し、基本協定書(MOU)を締結したと発表した。南アフリカ共和国では、大規模な干ばつ等の影響による深刻な水不足が発生しており、ダーバン市では一般家庭への給水制限が行われている等、市民生活にも影響を及ぼしている。今回の実証事業は、NEDOの国内事業において確立した高圧ポンプを使わずに、膜分離を効率的に行う省エネルギー型の「海水淡水化・水再利用統合システム」の導入するもの。今後3年間でダーバン市中部下水処理場に、海水と再生水から日量6,250トンの飲料水を生産可能な実証設備を構築し、従来法に比べ30%以上の省エネルギー化と周辺海洋環境への負荷低減を実現する。将来的には設備を拡大しダーバン市への飲料水供給事業へと繋げ、アフリカ地域への普及展開を目指すという。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
(株)日立製作所 ニュースリリース
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) (株)日立製作所
分野 水・土壌環境
キーワード 省エネルギー | 海水淡水化 | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 日立製作所 | 再生水 | 水不足 | ダーバン | 南アフリカ
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS