環境省、「平成28年度温泉排水処理技術開発普及等調査」に係る実証試験対象技術を募集(再公募)

発表日:2016.11.21

環境省は、「平成28年度温泉排水処理技術開発普及等調査」に係る実証試験対象技術を募集すると発表した(応募締切:平成28年12月27日17時必着)。同調査は、温泉旅館からの排水(温泉排水)を対象とした効果的な排水処理手法を確立するため、温泉旅館において実用化段階にある排水処理技術の実証試験を実施し、温泉排水中の有害物質を低減可能な排水処理技術の導入可能性を検証するもの。温泉排水に含まれるほう素等は、既存の排水処理技術では除去が難しく、温泉排水を対象とした排水処理技術の開発・普及等が必要となっている。今回、実証試験の対象技術として、高濃度にほう素を含む排水を排出する温泉旅館における、排水中のほう素濃度を経済的かつ効果的に低減することができる排水処理技術又は平準化技術を募集する。採択された技術は、排水中のほう素濃度が高い温泉旅館において実証試験を実施し、その結果をもとに、検討会等で技術の有効性・経済性等を評価するという。

新着情報メール配信サービス
RSS