大成建設、自社技術センターにSOFC(固体酸化物形大型燃料電池)を導入

発表日:2017.01.17

大成建設(株)は、神奈川県横浜市の同社技術センターに、固体酸化物形大型燃料電池(SOFC)を導入した。この取組は、三菱日立パワーシステムズ(株)が実施するNEDO実証事業を共同実施しつつ、同社の事業「平成28年度地産地消型再生可能エネルギー面的利用等推進事業(経済産業省)」におけるエリア全体でのエネルギー使用量最適化を目指すもの。今回設置したSOFCの電力と排熱を、想定した街区の複数建物に供給するAEMS(エリア エネルギー マネージメント システム)の考え方を採り入れ、BEMS(ビルディングエネルギーマネージメントシステム)によるエネルギー統合・制御を図り、同社技術センター敷地内、さらには敷地外の保養所・社員寮などの自社施設へ電力自己託送を行い、エリア全体で低炭素化実現を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS