国総研、ICTを活用した水処理技術のガイドラインを公表

発表日:2017.02.14

国土交通省国土技術政策総合研究所は、ICT(情報通信技術)を活用した水処理技術の導入ガイドライン(案)を策定したと発表した。同省では、下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)として、茨城県流域下水道事務所霞ケ浦浄化センター(日立製作所・茨城県)において「ICTを活用した効率的な硝化運転制御技術実証研究」、福岡県宝満川流域下水道宝満川浄化センター(東芝・日本下水道事業団・福岡県・福岡県下水道管理センター)において「ICTを活用したプロセス制御とリモート診断による効率的水処理運転管理技術実証研究」を平成26年度より実施してきた。今回のガイドラインは、実証を進めた結果、実証フィールドでは水質を維持しながら、消費電力量を20%以上低減できることが確認できたことから、技術の概要・評価、導入検討、設計・維持管理等に関する技術的事項についてとりまとめたもの。これらの技術は、既存施設にセンサーと制御技術からなるICTを導入し、処理に必要な送風量をリアルタイムに予測・制御する省エネ技術である。

情報源 国土交通省 報道発表資料
国土交通省国土技術政策総合研究所 記者発表資料(PDF)
(株)日立製作所 ニュースリリース
機関 国土交通省 国土交通省国土技術政策総合研究所 (株)日立製作所h
分野 水・土壌環境
キーワード 省エネルギー/国土交通省/下水道/日立製作所/ガイドライン/ICT/福岡県/国土技術政策総合研究所/茨城県/B-DASH
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS