国環研、第2回NIES国際フォーラムの開催結果を公表

発表日:2017.02.15

国立環境研究所(NIES)は、インドネシアを拠点とするウダヤナ大学(UNUD)、東京大学サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)、アジア工科大学院(AIT)と共に、2017年1月26日から28日にインドネシアで開催した、第2回NIES国際フォーラムの開催結果を公表した。同フォーラムは、2015年に採択されたパリ協定や持続可能な開発目標(SDGs)に関するアジア地域の取り組みについて、アジア地域の研究機関や政策担当者等との連携を強化することを目的としたもの。アジア地域において注目される5つのテーマ(環境モニタリング、環境リスクと健康、廃棄物管理とリサイクル、生物多様性、気候変動への適応と緩和策の連携)について講演と議論が行われた。また、NIES、IR3S及びAITの三者は、気候変動に関する研究連携を一層強化することを目指した共同声明を発表した。

新着情報メール配信サービス
RSS