美濃窯業と産総研、高温下で使用可能なファイバーレス高強度高断熱性材料を開発

発表日:2017.02.13

美濃窯業(株)と産業技術総合研究所は、高温下で使用可能なファイバーレス高強度高断熱性材料を開発した。窯業分野等における未利用熱を削減するために、高温で使用可能な高強度・高断熱性材料の開発が求められている。今回開発した断熱材は、最高使用温度1,450℃、圧縮強度11.0MPa、熱伝導率0.25W/m・Kの特性を有した、RCF(リフラクトリーセラミックファイバー)を含まないファイバーレス断熱材。従来から工業炉用耐火断熱材として用いられてきた耐火断熱れんがと同程度の強度を維持したまま熱伝導率を低減することを実現した。小型電気炉に施工し使用電力量を測定したところ、従来の耐火断熱れんがを施工した場合と比べ消費電力量を約38%削減できることを実証したという。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
産業技術総合研究所 研究成果
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 美濃窯業(株) 産業技術総合研究所
分野 地球環境
健康・化学物質
キーワード 新エネルギー・産業技術総合開発機構/NEDO/産業技術総合研究所/断熱材/断熱性/未利用熱/美濃窯業/RCF/リフラクトリーセラミックファイバー/電気炉
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS