森林総研など、無花粉スギの効率的な選抜に役立つDNAマーカーを開発

発表日:2017.02.13

森林総合研究所と九州大学は、無花粉スギ(品種名:爽春)の無花粉遺伝子を高い精度で検出できるDNAマーカーを開発した。花粉発生源の特定、花粉抑制技術の開発とともに、少花粉スギや無花粉スギの開発等への希求が高まっている。交配実験の結果から無花粉遺伝子の有無が分かっている190個体について、今回開発したDNAマーカーを用いて分析したところ、全ての個体で無花粉遺伝子の有無とDNAマーカーのマーカータイプが合致することが確認された。このDNAマーカーにより、無花粉遺伝子を有する個体を高精度で特定し、効率的に選抜することが可能となるため、無花粉スギの品種改良に要する期間を大幅に短縮することができるという。

新着情報メール配信サービス
RSS