環境省、CO2回収・貯留技術の実行準備(CCS Ready)に関する情報整理の結果を公表

発表日:2017.02.20

環境省は、国内外のCO2回収・貯留技術の実行準備(CCS Ready)に関する情報整理の結果「国内外のCCS Readyに関する取組状況等について」を公表した。CO2回収・貯留技術(CCS)は、火力発電所等から排出されるCO2を分離・回収・輸送し、地中や海洋等に長期的に貯蔵する技術。世界的に取組が進められており、日本でも地球温暖化対策のひとつとされている。石炭火力発電所等の長期的な稼働が見込まれる大規模排出源については、設計・建設の段階から、CCS導入に必要となるCO2回収設備等設置のための用地確保等の準備が必要となる。同資料は、CCS及びCCS Readyに関する各国や国際団体等及び日本における取組状況について、既存の文献等に基づく情報整理の結果を取りまとめたものである。

新着情報メール配信サービス
RSS