味の素(株)、タイの基幹工場にバイオマス(もみ殻)燃料ボイラーを導入

発表日:2009.03.25

味の素(株)は、タイの基幹工場において、バイオマスボイラーを導入し、既存の重油ボイラーからクリーンエネルギーへの燃料転換を図ると発表した。これは、世界6番目の米生産国・タイの穀倉地帯であるカンペンペット地域で、大量のもみ殻が利用されずに余っていることから、工場周辺の農家からもみ殻を購入することで、バイオマス燃料の現地での自給と安定供給が可能と判断したため。同社グループの2007年度のCO2排出量は2万トンで、全体の77%を海外工場からの排出量が占めている。特に事業成長が見込まれる東南アジアでのCO2排出量の増加抑制は重要な課題となっていた。今回のバイオマスボイラー導入により、同社グループが1年間に排出するCO2量の5%に相当する約10万トンを削減するという。なお、同社グループでは、2008年12月26日に本件をCDMプロジェクトとして日本政府に申請し、2009年3月5日に承認を得ている。

新着情報メール配信サービス
RSS