環境省、(仮称)新岩屋ウィンドパーク事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2017.03.03

環境省は、青森県で計画されている「(仮称)新岩屋ウィンドパーク事業計画段階環境配慮書」について、平成29年3月3日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、エコ・パワー(株)が、青森県下北郡東通村に設置済みの「岩屋風力発電所」等2か所において、風力発電設備の建替及び新設を行うことにより、最大で総出力69,000kW(2,000~3,450kW級×最大27基)の風力発電所を設置するもの。事業実施想定区域及び周辺は、渡り鳥の渡り経路の可能性があるほか、希少猛禽類の生息が確認されている。また、同区域の近隣には複数の住居が存在している。さらに、同区域の周辺では、他事業者による風力発電所が稼働中及び建替事業が環境影響評価手続中である。今回の環境大臣意見では、風力発電設備の配置等を検討するに当たって、1)騒音等や風車の影による生活環境への影響を回避又は極力低減すること、2)鳥類に関する調査、予測及び評価を行い、風力発電設備等の配置等に反映すること、3)土砂流出の可能性の高い箇所の改変を回避すること、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
自然環境
水・土壌環境
環境総合
キーワード 風力発電/環境省/騒音/環境影響評価/鳥類/青森県/環境大臣意見/環境配慮書/エコ・パワー/土地改変
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS