青森県、リサイクル製品認定制度に基づくリサイクル製品を認定(第22回)

発表日:2017.03.03

青森県は、青森県リサイクル製品認定制度に基づき、平成29年3月1日付でリサイクル製品を認定したと発表した。同県では、リサイクル製品の使用を推進し、資源の循環的な利用、廃棄物の減量化及びリサイクル産業の育成を図るために、「青森県リサイクル製品の認定及び使用の推進に関する条例」に基づき、リサイクル製品の認定を行っている。今回、平成28年度の下半期認定(第22回認定)では、一般廃棄物溶融スラグを利用したコンクリート二次製品など、10事業者による17製品(新規11製品、更新6製品)を認定した。これにより、認定製品は36事業者・411製品となった。同県では、認定製品の使用を推進するため、県ホームページやパンフレット等で認定製品に関する情報提供を行っていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS