JR東日本とJFEエンジなど、食品リサイクル・バイオガス発電事業に参入

発表日:2017.03.07

東日本旅客鉄道(株)(JR東日本)とJFEエンジニアリング(株)は、それぞれのグループ会社を含む4社で新会社「(株)Jバイオフードリサイクル」を設立し、食品リサイクル・バイオガス発電事業に参入する。同事業は、JR東日本グループが運営する駅ビル・エキナカ等から発生する食品廃棄物(80t/日)を、(株)東日本環境アクセスが収集運搬し、メタンガス発電を行い、FIT電気の活用と排熱利用を行うもの。事業用地(横浜市鶴見区)はJFE環境(株)が提供し、JFEエンジニアリングが施設を設計・施工する。バイオガス発電の規模は1,800kW、年間発電量は約11,000MWh(一般家庭の約3,000世帯分)、CO2削減量は年間5,500t-CO2と見積もられている。2018年8月に施設の営業運転を開始するという。

情報源 東日本旅客鉄道(株)(JR東日本) プレスリリース(PDF)
(株)東日本環境アクセス トピックス(PDF)
JFEエンジニアリング(株) ニュースリリース
機関 東日本旅客鉄道(株)(JR東日本) (株)東日本環境アクセス JFEエンジニアリング(株) JFE環境(株)
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
キーワード 東日本旅客鉄道 | JR東日本 | JFEエンジニアリング | バイオガス | 食品リサイクル | 発電 | JFE環境 | 食品廃棄物 | メタン発酵 | 東日本環境アクセス
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS