東芝、ワイヤレス急速充電装置を用いたEVバス運行実証の概要を発表

発表日:2017.03.17

(株)東芝は、ワイヤレス急速充電装置を用いたEVバスで、ディーゼル車と比較して約60%のCO2削減効果があることを実証したと発表した。これは、同社と早稲田大学理工学術院紙屋雄史教授研究室が共同で開発した「磁界共鳴方式」のワイヤレス急速充電装置を搭載した中型と小型のEVバス2台を、全日本空輸(株)(ANA)の連絡バスとして川崎市や羽田空港周辺の公道で1日3~4往復走行した実証によるもの(実証期間:2016年2月~2017年1月)。公道走行において測定した走行距離と消費電力などのデータをもとに早稲田大学がCO2削減効果を計算した結果、首都高速道路を含むルートを運行した中型EVバスでは、同サイズのディーゼルバスと比較して、約60%の削減効果があることが分かったという。

新着情報メール配信サービス
RSS