大阪ガスと京セラ、スマートエネルギーハウス向けの蓄電システムを発売

発表日:2017.03.24

大阪ガス(株)と京セラ(株)は、国内住宅用定置型リチウムイオン蓄電システムの新製品を共同で開発し、2017年4月から発売すると発表した。今回発売する製品は、家庭用燃料電池(エネファーム)で発電した電力を充電できる小型・軽量の3.2kWh蓄電システムで、大阪ガスが有する各種電池の制御に関するノウハウと、京セラが有する蓄電システムのノウハウがベースとなっている。大阪ガスが2011年7月から2012年6月に実施した燃料電池・太陽電池・蓄電池を備えた「スマートエネルギーハウス」の居住実験では、新築住宅での年間CO2排出量の正味(ネット)ゼロを達成しており、今回の製品は同実証を通じて得た技術を活用して開発したものであるという。

情報源 大阪ガス(株) プレスリリース
京セラ(株) ニュースリリース
機関 大阪ガス(株) 京セラ(株)
分野 地球環境
キーワード 燃料電池 | リチウムイオン電池 | 太陽電池 | 大阪ガス | 京セラ | 住宅用 | 蓄電池 | スマートエネルギーハウス
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS