国交省、バイオマス資源と下水汚泥の集約処理等を促進するためのマニュアルを策定

発表日:2017.03.30

国土交通省は、地域から発生する生ごみやし尿、剪定枝、家畜排せつ物等のバイオマス資源と下水汚泥の集約処理、エネルギーや肥料としての利用を促進するために、「下水処理場における地域バイオマス利活用マニュアル」を策定した。同マニュアルは、地方公共団体等の実務者を対象としており、地域バイオマスの概要や利活用技術、導入検討の手順および必要となる法的手続き等を整理したもの。資料編には、事業採算性評価等のケーススタディや先行事例なども掲載されている。バイオマス資源と下水汚泥の集約処理等の取組は、国土交通省生産性革命プロジェクト「下水道イノベーション~“日本産資源”創出戦略~」において位置付けられたもので、既に全国6カ所の下水処理場において実施されており、下水道事業の安定的な運営等に資するものと考えられている。

新着情報メール配信サービス
RSS