環境省、PCB廃棄物の早期処理に係る広報の取組を発表

発表日:2017.03.30

環境省は、ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の早期処理に係る広報の取組を発表した。高濃度PCB廃棄物について、中間貯蔵・環境安全事業(株)(JESCO)の全国5カ所の処理施設ごとに計画的処理完了期限が定められており、特に中国・四国・九州・沖縄各県(JESCO北九州事業所の事業対象地域)に保管されている変圧器・コンデンサーなどについては、平成29年度末までにJESCOに処分委託することが義務付けられている。今回、北九州事業所における処分期間の末日までで残り1年を迎えることから、新たに普及・啓発のためのポスター及びチラシを作成し、関係省庁、都道府県市及び関係団体等において共同掲示・配布するとともに、SNS等の広報ツールを活用し、高濃度PCB廃棄物の一刻も早い処理の達成に向けた一斉広報を展開するという。

新着情報メール配信サービス
RSS