NEDO、2030年のエネルギーミックスを模擬した電力系統の実証試験を開始

発表日:2017.04.13

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、2030年のエネルギーミックス(電源構成)を模擬した電力系統の実証試験を、2017年4月14日より、東京都新島村の新島と式根島で開始すると発表した。これは、2030年頃のエネルギーミックスにおいて想定される再生可能エネルギーの22~24%導入を模擬し、1)風力発電、太陽光発電、蓄電池などの設置、2)再生可能エネルギーの出力予測・出力制御、ディーゼル発電機などの既存電源や蓄電池との協調運用制御、3)再生可能エネルギーを最大限受け入れ可能な系統システムの構築・評価などを行うもの。事業を実施するのは、東京電力ホールディングス(株)、東京電力パワーグリッド(株)、(株)東光高岳の3社で、最経済制御技術(発電コストが最も経済的となるように各発電所を制御する技術)の確立や分散型制御協調システム(発電設備、蓄エネルギー設備、需要家設備のリソースアグリゲーションなど分散した様々な制御を協調させるシステム)の構築などを分担実施するという。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
東京電力ホールディングス(株) プレスリリース
東京電力パワーグリッド(株) プレスリリース
(株)東光高岳 プレスリリース(PDF)
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 東京電力ホールディングス(株) 東京電力パワーグリッド(株) (株)東光高岳
分野 地球環境
キーワード 風力発電/再生可能エネルギー/太陽光発電/電力系統/新エネルギー・産業技術総合開発機構/NEDO/蓄電池/東京電力ホールディングス/東光高岳/東京電力パワーグリッド
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS