滋賀県、木質バイオマス利活用促進事業を実施

発表日:2017.04.17

滋賀県は、平成29年度の木質バイオマス利活用促進事業を実施すると発表した。一般の製材に適さない小径木や曲がり材などの低質材を無駄なく利用することは、木材およびエネルギーの地産地消を推進するとともに木材産業を活性化させるために重要である。同事業は、県内に居住する個人や事業所を有する事業者が木質バイオマス燃焼機器を設置する場合に、燃焼機器の購入と設置に要する経費に対して、その一部を助成するもの。補助金の交付の対象となる燃焼機器は、薪ストーブ・ペレットストーブ・木質バイオマスボイラーで、未使用品を新たに設置するもの。事業対象期間は、平成29年4月17日から平成30年2月28日。ただし、期間内であっても予算の総額に達し次第募集は締め切り、予算の総額を超えた週の交付申請については、県による厳正な抽選により補助事業者を決定するという。

新着情報メール配信サービス
RSS