東芝、JR東日本向け自立型水素エネルギー供給システムの運転を開始

発表日:2017.04.17

(株)東芝は、東日本旅客鉄道(株)(JR東日本)から受注した自立型水素エネルギー供給システムの納入が完了し、川崎市にあるJR南武線武蔵溝ノ口駅構内において営業運転を開始したと発表した。同システムは、同社独自の水素EMS(エネルギーマネジメントシステム)により、再生可能エネルギーと水素を活用して、電力を安定的に供給できるCO2フリーの自立型水素エネルギー供給システム。今回運転を開始したシステムは、地震などの災害時にライフラインが寸断された場合においても、系統電源に頼ることなく、必要なエネルギーを自給自足できるもの。災害時には、同駅を一時滞在場所として活用するため、平常時にタンクに貯めておいた水素を用いて燃料電池で発電し、コンコースやトイレなど駅構内の照明用に供給する。平常時は、電力はホーム上の照明に供給し、お湯はホームの待合スペースに設置するウォームベンチを温めるために使用されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS