NEDOなど、ウズベキスタンでコジェネシステム実証に本格着手

発表日:2017.04.20

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と丸紅ユティリティ・サービス(株)、川崎重工業(株)は、ウズベキスタンのフェルガナ市でガスタービンコージェネレーションシステムの実証事業を開始した。ウズベキスタンでは、経済発展のために電力供給の安定化が必要とされ、特にフェルガナ地域では供給電源の分散化が求められている。今回の実証事業は、フェルガナ市内の小規模発電所等2カ所に、ガスタービンコージェネレーションシステム(17MW1基、7MW1基)を導入し、電力供給の分散化を図るもの。順次、設備の導入や実証を進め、2020年度末まで技術実証に取り組み、従来比38%の省エネルギー化および電力と熱の安定供給の実現を目指すという。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
川崎重工業(株) プレスリリース
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 丸紅ユティリティ・サービス(株) 川崎重工業(株)
分野 地球環境
キーワード 新エネルギー・産業技術総合開発機構/NEDO/実証/川崎重工業/ウズベキスタン/ガスタービン/熱電併給/電力供給/コージェネレーションシステム/丸紅ユティリティ・サービス
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS