トヨタ、燃料電池・ガスタービン複合発電の実証を開始

発表日:2017.04.26

トヨタ自動車(株)は、円筒形の固体酸化物形燃料電池(SOFC)とマイクロガスタービンを組み合わせた加圧型複合発電システム(ハイブリッド発電システム)の実証を開始した。この取組は、2017年市場投入を目指した新エネルギー・産業総合開発機構(NEDO)の実用化開発プロジェクトのひとつ。今回導入したシステムは、同社および子会社である(株)トヨタタービンアンドシステムと三菱日立パワーシステムズ(株)が共同開発したもの。トヨタ自動車の元町工場敷地内(愛知県豊田市)に設置されたシステムを、同工場の自家発電設備(電力・排熱)として使用し、エネルギー効率や運転性、耐久性を検証・評価することにより、SOFCの実用化に向けたシステムの開発および初期導入の加速を目指すという。

情報源 トヨタ自動車(株) ニュースリリース
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
機関 トヨタ自動車(株) 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
分野 地球環境
キーワード 燃料電池/SOFC/新エネルギー・産業技術総合開発機構/NEDO/トヨタ自動車/実証/固体酸化物形/ガスタービン/三菱日立パワーシステムズ
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS