高知県、足立区のイベントにおけるカーボン・オフセットの取組を発表

発表日:2017.05.17

高知県は、東京都足立区で開催される「地球環境フェア2017」において、同県のオフセット・クレジットを活用したカーボン・オフセットが実施されると発表した。これは、同県が保有するオフセット・クレジット(J-VER)について、平成29年5月2日付けで、足立区とJ-VER売買契約を締結したもの。J-VERは、国内のプロジェクトにおいて実現された温室効果ガスの排出削減・吸収量を自主的なカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証する制度。今回、5月20日・21日に同区が開催する「地球環境フェア2017」で排出されるCO2の一部をオフセットするため、2t-CO2のクレジット(森林吸収クレジット)を売買した。同区では、地球環境フェア2017の開催に伴い排出されるCO2の全てのオフセットを目指しているという。

新着情報メール配信サービス
RSS