ホンダ、燃料電池自動車(FCV)タクシーの運用調査を開始

発表日:2017.05.18

本田技研工業(株)は、2017年6月末から、セダンタイプのFCVタクシーの運用調査を開始する。同社のセダンタイプのFCVは、2016年3月に発売され、現状、一充填走行距離は約750km、一回あたりの水素充填時間は3分程度となっており、居住性を追求した5人乗りの車両である。今回、帝都自動車交通(株)、(株)仙台タクシー、大宮自動車(有)、日野交通(株)の4社と協力し、走行データなどのさまざまな情報を得ることなどを目的とした運用調査を行う。

新着情報メール配信サービス
RSS