環境省、平成29年度地域連携・低炭素水素技術実証事業(1次公募)の採択案件を公表

発表日:2017.08.04

環境省は、平成29年度地域連携・低炭素水素技術実証事業(1次公募)の採択案件を公表した。同事業は、水素の低炭素化と本格的な利活用(サプライチェーンの確立・普及)を通じ、中長期的な地球温暖化対策を推進することを目的とするもの。地域の再生可能エネルギー等を活用して水素を製造、貯蔵、輸送、供給し、燃料電池自動車や燃料電池等へ利用するまでの一貫した水素サプライチェーンの実証を、国内で行う。今回、公募に応募のあった2件の提案事業のうち、(株)日立製作所の「再生可能エネルギー(太陽光)による水素製造」1件を選定し、採択した。同事業では、宮城県富谷市において、太陽光発電により製造した水素を、水素吸蔵合金やみやぎ生活協同組合の既存物流網を活用して輸送し、地域内の協同組合店舗や一般家庭に設置する定置用燃料電池に供給し、利用するという。

情報源 環境省 報道発表資料
(株)日立製作所 ニュースリリース
丸紅(株) ニュースリリース(PDF:563KB)
みやぎ生活協同組合 プレスリリース
宮城県富谷市 富谷市で低炭素水素サプライチェーンの構築に向けた実証を開始
機関 環境省 (株)日立製作所 丸紅(株) みやぎ生活協同組合 宮城県富谷市
分野 地球環境
キーワード 再生可能エネルギー/太陽光発電/燃料電池/水素/地球温暖化/環境省/実証/サプライチェーン/低炭素化
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS