セブン-イレブンとトヨタ、物流と店舗の省エネルギー・CO2排出削減に向け検討を開始

発表日:2017.08.09

(株)セブン-イレブン・ジャパンとトヨタ自動車(株)は、物流および店舗における省エネルギー・CO2排出削減に向けた検討に関する基本合意書を締結したと発表した。これは、トヨタが新たに開発する水素を活用した車両や発電機等の導入により、将来の低炭素社会・水素社会の実現に貢献することを目指すもの。物流については、店舗向け配送トラック(冷蔵・冷凍車)の動力および冷蔵・冷凍ユニットの電源を燃料電池化した燃料電池トラックを導入する。店舗については、既に導入している太陽光発電等と、1)自動車用燃料電池ユニットを活用した燃料電池発電機、2)自動車用蓄電池を活用した定置型蓄電池を組み合せるエネルギーマネジメントシステムを導入するとしている。

情報源 (株)セブン-イレブン・ジャパン ニュースリリース(PDF:191KB)
トヨタ自動車(株) ニュースリリース
機関 (株)セブン-イレブン・ジャパン トヨタ自動車(株)
分野 地球環境
キーワード 燃料電池/燃料電池車/省エネルギー/トヨタ自動車/CO2排出量/トラック/蓄電池/店舗/物流/セブン-イレブン・ジャパン
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS