NEDOなど、排水油脂で発電する国内最大級のバイオマス発電車を開発

発表日:2017.09.08

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と(株)ティービーエムは、排水油脂で発電する国内最大級のバイオマス発電車を開発した。同車は、飲食店や食品工場における排水浄化の過程で分離回収される油脂を原料とした発電用燃料の製造に成功し、この燃料を利用し発電する100KVA規模の発電機を搭載したもの。今回、2017年9月10日、入間市主催の「第23回いるま太鼓セッション」において、(株)松屋フーズの協力のもと、同社の入間店ほか埼玉県内98店舗から回収された動物性油脂を原料に発電用燃料を製造し、同イベントに電力供給を行う実証試験を行う。今後、ティービーエムは、2017年度中にさまざまな自治体イベントで実証試験を実施し、2020年までに排水浄化からグリーン電力を生み出す「フード・グリーン発電システム」を首都圏全域に普及させ、“新エネルギーの地産地消モデル”の確立を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS