三重県、「みえ生物多様性パートナーシップ協定」の締結内容を発表

発表日:2017.09.22

三重県は、「みえ生物多様性パートナーシップ協定」の締結内容を発表した。同協定は、生物多様性保全の活動を行っている団体と、自然環境の保全に貢献したいと考えている企業を、県が中心となってマッチングすることで、取組の拡大・促進を図ろうとするもの。今回、北勢地域を中心に、ため池等の生物多様性保全を推進するため、(株)東産業、大和ハウス工業(株)三重工場、特定非営利活動法人NPOちょっと自然及び三重県との4者で協定を締結することとなった。この協定に基づき、北勢地域を中心としたため池等において、地域の生態系保全のための外来種の駆除や環境保全活動、自然観察会などを行うとともに、個々の活動の活性化と相互援助をはかるためのネットワーク化、普及啓発、シンポジウムの開催などを連携して行うという。なお、今回の協定締結は、「みえ生物多様性パートナーシップ協定」として3件目となる。

新着情報メール配信サービス
RSS