東芝エネルギーシステムズ、宮城県から自立型水素エネルギー供給システムを受注

発表日:2017.10.30

東芝エネルギーシステムズ(株)は、宮城県から、自立型水素エネルギー供給システムを受注したと発表した。同システムは、同社独自の水素エネルギーマネジメントシステムにより、再生可能エネルギーと水素を活用して、電力を安定的に供給できるCO2フリーの自立型水素エネルギー供給システム。太陽光発電、蓄電池、水素製造装置、水素吸蔵合金タンク、純水素燃料電池などから構成される。今回受注したシステムは、宮城野原公園総合運動場内にある「Koboパーク宮城」内に設置され、平常時には球場入口に設置予定の電子表示板等に電源を供給し、災害時には地域ラジオ局が災害情報を発信するための電力供給等に使われる予定という。なお、運転開始は2018年3月の予定。

新着情報メール配信サービス
RSS