三菱ケミカルとマツダ、植物由来原料を使用したエンジニアリングプラスチックの採用を拡大

発表日:2017.12.06

三菱ケミカル(株)とマツダ(株)は、植物でん粉から作られるイソソルバイドを原料とするエンジニアリングプラスチックを開発し、乗用車のフロントグリルに採用すると発表した。このプラスチックは、植物由来原料を使用していることから、石油資源の使用量やCO2排出量の削減に貢献する材料と言える。また、深みのある色合いや鏡面のような平滑感を無塗装の材料着色で実現することが可能であるため、製造時のVOC(揮発性有機化合物)削減が図られるとともに、耐衝撃性、耐候性及び成形性などの自動車外装部品としての要求を満足できるという。自動車部品市場への展開と市販車のブランド化に向けて、両社が共同して、多様な内装意匠部品やピラー等の外装意匠部品などへの採用を進めていきたいという。

新着情報メール配信サービス
RSS