NEDO、燃料電池分野の技術開発ロードマップに2040年以降の究極目標を設定

発表日:2017.12.20

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「燃料電池・水素技術開発ロードマップ」の改訂作業のなかで、燃料電池分野に2040年以降に達成すべき技術課題の目標値(究極目標)を設定し、水素分野に先だって公開した。燃料電池・水素技術開発ロードマップは、2005年に策定され、これまで3度改訂が行われてきた。4度目の改訂となる今回、燃料電池分野の「燃料電池自動車(FCV・移動体)」と、「業務・産業用燃料電池」、「家庭用燃料電池」に初めて、究極目標を設定した。これは、産学官による長期的視野の共有をねらいとしたもので、2018年春には水素分野(水素ステーション、水素発電、Power to Gas)のロードマップ公開を予定しているという。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
分野 地球環境
キーワード 燃料電池/水素/新エネルギー・産業技術総合開発機構/NEDO/家庭用/燃料電池自動車/ロードマップ/業務用/産業用/FCV
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS