環境省、(仮称)阿武隈風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2017.12.22

環境省は、(仮称)阿武隈風力発電事業環境影響評価準備書について、平成29年12月22日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、福島復興風力(株)が、福島県田村市、双葉郡川内村、大熊町、浪江町、葛尾村(対象事業実施区域面積:約2,032ha)において、最大で総出力234,600kW(2,500~3,400kW×最大69基)の風力発電所を設置するもの。今回の環境大臣意見では、1)同事業の実施による環境影響等が住民の帰還等の支障とならないよう、関係地方公共団体や住民等への説明・意見聴取等を行いつつ、事業を進めること、2)騒音及び風車の影による影響について、風力発電設備の配置・基数及び機種及び稼働制限等の検討を行い、必要な環境保全措置を講ずること、3)発生土や伐採木等については発生抑制を徹底するとともに、運搬や仮置き場での管理を適切に実施すること、4)空間線量率を測定・把握し、必要に応じて追加的な環境保全措置を実施すること、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
健康・化学物質
自然環境
大気環境
水・土壌環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 環境省 | 騒音 | 環境影響評価 | 福島県 | 空間線量率 | 環境大臣意見 | 風車 | 福島復興風力
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS