NEDOなど、中国広東省の工場でEMS導入実証を開始

発表日:2017.12.25

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と横河電機(株)、(株)日本総合研究所、東京電力ホールディングス(株)は、中国広東省でエネルギーマネジメントシステム(EMS)導入による省エネ実証事業を開始したと発表した。同事業は、中国広東省のアルミ製品と紡績の2工場において、既存設備の一部を省エネ設備に更新するとともに、エネルギー需給を制御し、生産効率と省エネを実現するEMSの効果を検証するもの。また、2工場のEMSを連携して、それぞれの生産効率の最適化を目的とした高度なデマンドレスポンスの実現可能性を検証する。2020年度末まで、システム・設備の設計・製作、輸送、据え付け、試運転などを順次実施していくという。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
横河電機(株) プレスリリース
(株)日本総合研究所 ニュースリリース
東京電力ホールディングス(株) プレスリリース
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 横河電機(株) (株)日本総合研究所 東京電力ホールディングス(株)
分野 地球環境
キーワード 省エネルギー/新エネルギー・産業技術総合開発機構/NEDO/実証/中国/横河電機/エネルギーマネジメントシステム/日本総合研究所/EMS/東京電力ホールディングス
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS