政府、2050年を視野に入れた「水素基本戦略」を決定

発表日:2017.12.26

政府(再生可能エネルギー・水素等関係閣僚会議)は、「水素基本戦略」を決定した。平成29年4月の首相指示により、経済産業省と関係府省庁は、産学官の有識者で構成される水素・燃料電池戦略協議会を設置した。今回、同協議会の議論を踏まえた案がまとめられ、平成29年12月26日に開催された同閣僚会議において基本戦略が決定した。「水素基本戦略」は、2050年を視野に将来目指すべきビジョンと実現に向けた2030年までの行動計画という位置づけ。従来エネルギー(ガソリンやLNG等)と同等程度の水素コストの実現を掲げ、水素の生産から利用まで、各省にまたがる政策群を統合することとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS