環境省、中国・四国・九州・沖縄地方の高濃度PCB廃棄物処理期限まで残り一ヶ月と発表

発表日:2018.03.01

環境省は、中国・四国・九州・沖縄地方に保管されている高濃度PCB(ポリ塩化ビフェニル)廃棄物(変圧器、コンデンサー等)について、処理期限まで残り一ヶ月となったと発表した。高濃度PCB廃棄物について、中間貯蔵・環境安全事業(株)(JESCO)の全国5カ所の処理施設ごとに計画的処理完了期限が定められており、特に中国・四国・九州・沖縄各県(JESCO北九州事業所の事業対象地域)に保管されている変圧器・コンデンサーなどについては、平成30年3月31日までにJESCOに処分委託することが義務付けられている。今回、処分期間の末日まで残り1ヶ月となることから、最後の周知活動の一環として、該当地域におけるテレビCMの放映を2月23日から開始したという。

新着情報メール配信サービス
RSS