東レ(株)、ポリマーの流動性を大幅に高める基本技術を確立

発表日:2009.06.02

東レ(株)は、幅広い種類のポリマーの流動性を大幅に高める基本技術を確立したと発表した。これまで、流動性を向上させる技術(良流動化技術)は、機械物性の低下が避けられないほか、効果の発現が特定のポリマー系や製品に限定される問題があった。そこで同社は、独創的固有技術である高分子設計技術とナノテクノロジーを駆使した技術を融合し、従来技術とは一線を画す良流動化技術を開発。ポリマーの流動性向上により、部品の薄肉化や、複雑形状の製品設計が可能になるほか、成形サイクルの短縮や成形加工温度の低減による省エネルギー化、および温室効果ガスの削減が見込まれる。同社によると、200トンクラスの射出成形機1台あたり、20%の消費電力削減と年間11.1トンのCO2排出削減が可能になり、これをナイロン66樹脂の世界需要(約100万トン)に換算すると、年間25万トンのCO2排出削減に相当するという。

新着情報メール配信サービス
RSS