環境省、平成29年の国立公園の訪日外国人利用者数を公表

発表日:2018.03.12

環境省は、平成29年の国立公園の訪日外国人利用者数を公表した。同省では、政府が平成28(2016)年3月に取りまとめた「明日の日本を支える観光ビジョン」に基づき、国立公園の訪日外国人利用者数を2020年までに1,000万人とする「国立公園満喫プロジェクト」を推進している。今回、観光庁の「訪日外国人消費動向調査」及び日本政府観光局(JNTO)が公表する「訪日外国人旅行者数」のデータをもとに推計した結果、平成29(2017)年の国立公園全体(全34公園)の訪日外国人利用者数は、約600万人(暫定値)となり、前年の約546万人に対して約10%の増加となった。また、先行的に取組を進めることとしている8公園(阿寒摩周、十和田八幡平、日光、伊勢志摩、大山隠岐、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、慶良間諸島)の合計は、約149万人となり、前年の約115万人に対して約29%の増加となった。同省では、目標の達成に向け、引き続き、受入環境の整備や海外への魅力の発信等を進めていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS