環境省、コ・イノベーションのための透明性パートナーシップ(PaSTI)関係国会合の結果を公表

発表日:2018.03.12

環境省は、平成30年3月1日2日タイ・バンコクで開催された「コ・イノベーションのための透明性パートナーシップ(PaSTI)関係国会合」の結果を公表した。パリ協定の実施では、特に途上国における新たな透明性枠組のための組織や能力の強化の必要性が高まっているとともに、非政府主体の透明性向上に対するニーズも高まってきている。PaSTIは、強化された透明性枠組の実施とイノベーションの実現を目指すため、日本が設立したもの。今回の会合では、パートナーとなりうる東南アジア、太平洋地域、欧米諸国の政府関係者、民間企業、国際機関の専門家約20名が参加。1)透明性強化におけるPaSTIの意義、2)NDC(排出削減目標)強化を踏まえた国内の透明性制度のあり方、組織・データギャップの課題、3)民間企業における取組について、ニーズを把握するとともに、活動の方向性についての議論を行ったという

新着情報メール配信サービス
RSS