環境省、SANCHI号からの流出油に関する水質モニタリング結果を公表

発表日:2018.03.13

環境省は、SANCHI号からの流出油に関する水質モニタリング結果を公表した。同省では、平成30年1月14日(推定)に東シナ海において沈没したパナマ船籍タンカーSANCHI号への対応として、海上保安庁の協力(採水)を得て、2月20日から23日にかけてSANCHI号周辺海域及び沖縄周辺から南九州沿岸にかけての海域11地点で海水を採取し、水質の分析(24項目)を行った。分析の結果、いずれの調査地点においても、環境基準値等を超える項目は無かった。同省では、引き続き、関係省庁と連携しつつ、S号からの流出油等の状況を注視していくという。

情報源 環境省 報道発表資料
環境省 奄美大島等における油漂着事案に関する環境省の対応状況について
機関 環境省
分野 健康・化学物質
水・土壌環境
キーワード モニタリング/環境省/水質/環境基準/油流出/タンカー/海上保安庁/東シナ海/油状物質
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS