環境省、奄美大島及び宝島における油状物質の漂着に係る水質モニタリング結果を公表

発表日:2018.03.29

環境省は、奄美大島及び宝島における油状物質の漂着に係る水質モニタリング結果を公表した。同省では、奄美大島、宝島等に油状の物が相次いで漂着したことを受け、平成30年3月4日から9日にかけて、奄美大島の6つの海岸(朝仁海岸、大浜海岸、知名瀬海岸、今里海岸、用海岸および阿木名海岸)及び宝島の3つの海岸(前籠海岸、大籠海岸、せんごどまり)において海水を採取し、水質分析(環境基準項目や要監視項目など)を実施した。その結果、いずれの島においても石油との関係が強い項目や重金属などの有害物質について環境基準値等を超える項目は無かった。同省では、これまでの2回の調査の結果、油状の物の漂着による水質への影響はないと考えられるが、引き続き、漂着状況を注視していくという。

情報源 環境省 報道発表資料
環境省 奄美大島等における油漂着事案に関する環境省の対応状況について
機関 環境省
分野 健康・化学物質
水・土壌環境
キーワード モニタリング/環境省/水質/環境基準/漂着/奄美大島/油状物質/宝島
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS