環境省、環境アセスメントに関する図書の公開を推進

発表日:2018.03.30

環境省は、平成30年3月30日、環境影響評価図書の新たな公開方法や、今後の取組を発表した。環境影響評価法では、事業者が縦覧・公表をする環境影響評価図書(配慮書、方法書、準備書、評価書及び報告書)の縦覧または公表期間が定められている。一方、平成23年4月に公布された「環境影響評価法の一部を改正する法律」において、インターネットでの公表が義務づけられている。今後、事業者の協力を得て、同省ウエブサイト及び国立国会図書館支部・環境省図書館の利用による公開を進めていくという。

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS