国環研、観測と数値予報を統合したPM2.5注意喚起手法の改良に関する研究プロジェクトの成果報告書を公表

発表日:2018.04.12

国立環境研究所は、「観測と数値予報を統合したPM2.5注意喚起手法の改良 平成25~27年度」(研究代表者:菅田誠治)の成果報告書を公表した。PM2.5については、日平均濃度が70µg/m3を超えると予想される場合に注意喚起が発令される。同報告書は、その判断手法を改良する取組みについて取りまとめたもの。大気汚染の数値予測システムの改良や、観測データを用いた注意喚起の判断について現行の手法とは別の手法を用いることで、PM2.5高濃度の予想の見逃しを減じることが可能であるという。

新着情報メール配信サービス
RSS