北海道、平成30年度先進的エネルギー関連技術開発支援事業補助金の対象事業を募集

発表日:2018.04.06

北海道は、平成30年度先進的エネルギー関連技術開発支援事業補助金の対象事業の募集を開始した(募集期間:平成30年5月18日)。同補助金は、道の豊かな自然や多様なエネルギー資源、技術シーズを活用し、道内の大学や公設試験研究機関などと連携して行う先進的なエネルギー関連技術の研究開発を支援するもの。今回、新エネ関連機器等製造業(太陽電池、蓄電池、水素製造装置)、建設工事業(高断熱・高気密住宅、部材製造)、リサイクル製品製造業(土木・建設資材、ゴムマット、肥料)、燃料等製造業(木質ペレット、BDF)、燃料等関連製造業(バイオマスボイラー)、省エネ関連機器等製造業(地中熱ヒートポンプ、排熱回収システム、EMS)などの分野における対象事業を募集する。補助対象者は、道内に主たる事務所等を有する法人、または道内に主たる事務所等を有する法人が過半数を占め、代表者となる共同体(コンソーシアム)で、補助率2/3~3/4以内、限度額1,000万円、3件程度の採択を予定しているという。

新着情報メール配信サービス
RSS