セブン-イレブン・ジャパン、愛媛県におけるBDF利活用の取組を紹介

発表日:2018.03.23

(株)セブン-イレブン・ジャパンは、愛媛県におけるバイオディーゼル燃料(BDF)利用の取組を紹介した。同社は、愛媛県の使用済み天ぷら油を原料としたBDF利用に関する取り組みに賛同し、2018年3月23日から同県のセブン-イレブン店舗へ配送する米飯・チルド全ての配送車両にBDFを使用する。BDFの原料は、県内の家庭から回収された廃食用油や、セブン-イレブン店内および弁当や惣菜等を製造工場で使用した食用油で、月間2万リットル、配送によるCO2の排出削減量は月間約2,590 kg-CO2を見込んでいる。

情報源 (株)セブン-イレブン・ジャパン ニュースリリース
機関 (株)セブン-イレブン・ジャパン
分野 地球環境
キーワード BDF/CO2/食用油/バイオディーゼル燃料/廃食用油/排出削減量/セブン-イレブン・ジャパン/愛媛県/使用済み天ぷら油
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS