東芝エネルギーシステムズ、高レベル放射性廃液から4つの元素を同時に分離する技術を開発

発表日:2018.03.23

東芝エネルギーシステムズ(株)は、高レベル放射性廃液中から長半減期核種の同位体を含む4つの元素(パラジウム、セレン、セシウム、ジルコニウム)を同時に化学分離し、金属として回収する技術を開発したと発表した。原子力発電所の使用済み核燃料から発生する「高レベル放射性廃棄物」の中には、複数の元素が存在する。しかし、それらの元素は独自の化学的性質を有するため、いくつかの手法を組み合わせて元素分離する必要がある。また、高い放射能の拡散や二次廃棄物の大量発生などの懸念があるため、元素分離の技術開発は世界的に進んでいないと言われている。今回の成果は、高レベル放射性廃液から電解法、吸着法や溶媒抽出法を用いて、分離法ごとに液性をほとんど変えずに、4つの元素を個別に分離できるもので、二次廃棄物の量を抑制できるもの。今後、各手法の組み合わせなどに関する実験を行い、実用化に向けた道筋をつけたいという。

情報源 東芝エネルギーシステムズ(株) プレスリリース
科学技術振興機構(JST) 共同発表
内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当)
機関 東芝エネルギーシステムズ(株)
分野 健康・化学物質
キーワード 放射能/東芝エネルギーシステムズ/高レベル放射性廃棄物/長半減期核種/化学分離/化学的性質/二次廃棄物/電解法/吸着法/溶媒抽出法
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS