埼玉県、ヒートアイランド対策を施した先導的な住宅街モデルを整備する事業者を募集

発表日:2018.04.02

埼玉県は、「先導的ヒートアイランド対策住宅街モデル事業(平成30年度)」を担う事業者の募集を開始すると発表した(募集期間:平成30年4月2日~27日)。同事業は、ヒートアイランド対策の一環として、同県が平成28年度から取り組んでいるもの。県内に本店又は支店を有する整備事業者等1者を選定し、諸対策の掛かり増し費用の1/2を補助することで、1)統一感のある緑化整備が行われ、2)道路における環境性能舗装などの暑熱環境の緩和策が施され、3)一次エネルギー消費量等級4以上の性能を有し、クーリングアイテム(散水ミスト、保水性ブロック等)を2種類以上設置した住宅を配置した「住宅街モデル」を創出する。戸建分譲事業等を手掛ける企業の技術力・営業力と県の信用力の相乗効果により、住宅街におけるヒートアイランド対策の推進を図りたいという。

新着情報メール配信サービス
RSS