環境省など、2016年度の温室効果ガス排出量(確報値)などを公表

発表日:2018.04.24

環境省と国立環境研究所は、2016年度の温室効果ガス排出量(確報値)などを公表した。この確報値は、気候変動に関する国際連合枠組条約に基づき、日本の温室効果ガスの排出・吸収目録として条約事務局に正式に提出するもの。2016年度の温室効果ガスの総排出量は13億700万トン(CO2換算)で、2015年度比1.2%減、2013年度比7.3%減、2005年度比5.2%減となった。同省では、冷媒分野におけるハイドロフルオロカーボン類の排出量が増加したものの、1)省エネ等によるエネルギー消費量の減少、2)太陽光発電及び風力発電等の導入拡大、3)原子力発電の再稼働等によるエネルギーの国内供給量に占める非化石燃料の割合の増加等を、2013年度以降のエネルギー起源CO2排出量の減少要因に挙げている。なお、2016年度の京都議定書に基づく吸収源活動による排出・吸収量は、5,540万トンで、内訳は森林吸収源対策により4,750万トン、農地管理・牧草地管理・都市緑化活動により780万トンと報告されている。

情報源 環境省 報道発表
国立環境研究所 報道発表
機関 環境省 国立環境研究所
分野 地球環境
キーワード 風力発電 | 太陽光発電 | CO2 | 環境省 | 温室効果ガス | 国立環境研究所 | 京都議定書 | 原子力発電 | ハイドロフルオロカーボン | エネルギー消費量
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS